ヴィトックスαの成分

ヴィトックスαに配合されている成分などの紹介です。

ヴィトックスαの配合成分は?

人気のペニス増大サプリ「ヴィトックスα」には、天然由来の成分が配合されています。 例えば、シトルリン、アルギニン、亜鉛、ガラナ、マカ、赤ガオクルアなどです。

これらの成分は、ペニス増大や精力増強、スタミナ回復などとして有名な成分なのですが、 それぞれをバラバラに摂取しても、あまり意味がありません。 意味がないこともないと思いますが、ペニス増大に対しては効果的な結果は得られないと思います。

その理由は、配合率に関係があるからです。 それぞれの成分に求められる働きがありますが、成分個々の力を最大限に引き出し、 相乗効果をも考えた配合がされていると思われるのが「ヴィトックスα」だからです。

しかも、アメリカで販売していたときのままではなく、配合率などを日本人向けに改良していますので、 安心して摂取できるだけではなく、その効果への期待値も変るのです。

なので、同じ成分を個別に購入して摂取しても、ペニス増大への期待値は同じではないのです。

尚、代表的なヴィトックスαに配合されている成分を紹介しておきます。 (それぞれの効果を保証するものではなく、一般的に言われている効果になります。)

シトルリン

スイカなどのウリ科の植物に多く含まれる非必須アミノ酸の一種。 血管の拡張など、血流に作用するといわれていて、NO(一酸化窒素)の生成に関わりがあるとされています。

めぐりが良くなる成分として有名なシトルリンですが、必須アミノ酸であるアルギニンの前駆体でもあるのです。

アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で、L-アルギニンは体内を構成する20種のアミノ酸のひとつです。

重要なアミノ酸で、成長などに欠かせない成分といわれていますが、 生活習慣の乱れや、喫煙などでも不足しやすいとされ、30歳ごろをピークに減少するとも言われています。

アスリートなどに愛用されているアルギニンは、ひとことで言うと「元気」の成分です。

ガラナ

アマゾン川流域原産のムクロジ科ガラナ属に分類されるツル性の植物である、蔓性ハーブのガラナ。

ガラナの実や種は、先住民に古くから親しまれてきたり、インディアンが長旅をする時の食料にしているとも言われています。 種にカフェインに似た成分があり、シャキッとした元気を得られるといわれています。

マカ

男女それぞれの特有の悩みに良いと人気の成分で、不妊に悩む夫婦などにも愛用されています。

マカはアブラナ科の球根野菜で、ミネラルやアミノ酸などの栄養素が豊富に含まれている、万能食物とも言われています。

赤ガオクルア

赤ガウクルアは、タイのメコン川流域に生息するマメ科コチョウア科に属する植物です。 地元部族では、古くから男性の滋養強壮、催淫剤として、 男性の性を活性化されるものとして、重宝され受け継がれてきたものです。

勃起や興奮を、自然な感覚で得られる成分とも言われています。 性的部分だけではなく、体力回復など、疲労感からの開放にも一役買ってくれるとされています。

亜鉛

亜鉛は、味覚、皮膚、粘膜の維持など、タンパク質やコラーゲンなどの働きに必要となる成分なのですが、 通常の食物からは摂取し難くなっている成分でもあります。

また、夏ばて対策のミネラル成分としても有名です。

黄金比率で天然成分を配合 ヴィトックスα
Copyright © ヴィトックスα
FX初心者